拡張子odsファイルとは?Excelでの開き方4つと、xlsxへ変換する方法

拡張子odsファイルとは?Excelで開く方法4つと、xlsxへ変換する方法

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

拡張子「.ods」のファイルが送られてきて、『ん?これは何のファイルだ?』と戸惑う方も多いでしょう。

 

実はこれ、OpenOfficeの「Calc」で保存されたファイル

 

このページでは、そんな.odsファイルについて

 

  • どんなファイルなのか?
  • Excelで開くにはどうすれば良いのか?
  • xlsxなどに変換するにはどうすればよいか?

 

を分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

拡張子「.ods」とは何のファイル?

「.ods」は、OpenOfficeの「Calc」で保存されたファイルに付けられる拡張子です。

 

OpenOfficeとは、Microsoft Officeと互換性のある「オープンソース(無料版)のオフィスソフト」。

 

以下のとおり、WordやExcelの代わりとして使え、基本的な操作もさほど変わりません。

 

用途

Open
Office

Microsoft
Office

ワープロ

Writer

Word

表計算

Calc

Excel

プレゼンテーション

Impress

PowerPoint

作図・図形描画

Draw

Visio(office外)

データベース

Base

Access

数式作成

Math

Math(office外)

 

 

 

Calcは「xlsx」形式に対応していない

以上の通りExcelともある程度互換性があるのですが、現在Excelのもっとも基本的な保存形式であるxlsx形式(ブック形式)での保存ができないのです。

 

古い形式である「xls」であれば保存できますが…

 

 

▼「xlsx」形式が無いのが欠点…▼

 

 

そのため、Calcを使っている方の多くは「.ods」形式でファイルを保存するしかないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

odsファイルを開く4つの方法!

odsファイルを開くには、以下の4通りの方法があります。

 

 

Excelでそのまま開く!

なんとExcel2010以降であれば、odsファイルはそのまま開くことができます。

 

Excelの [開く] から開くか、もしくは以下のとおり

 

  1. ファイルを右クリック
  2. [プログラムから開く] ⇒ [Excel]

 

でOK。

 

 

 

なお、ExcelとCalcでは書式設定が異なる可能性があり、全ての機能が使えるとは限りません。

 

そのため、Excelで開けると以下のような「注意」が表示されます。

 

 

 

 

ちなみに、そのままExcelにてxlsx形式で保存しようとすると、以下の通り警告が出ます。

 

 

 

 

計算設定が多く含まれる場合は注意が必要ですが、そうでない場合は、xlsx形式に変換で保存してしまっても良いでしょう。

 

 

 

 

SPを適用したExcelで開く!

Excel2007以前の場合は、Service Pack2を適応していなければ、odsファイルを開くことはできません。

 

>>2007 Microsoft Office system Service Pack 2

 

 

ただしSP2をインストールするよりも、Excelとしても古いため、この場合はこのあと説明する「Calcのダウンロード」の方が良いかもしれません。

 

 

 

 

Calcをダウンロードして開く!

すでに説明のとおり、OpenOfficeは無料ダウンロードできるため、Excelが2007以前であれば、OpenOfficeに含まれる「Calc」をダウンロードしてしまうのも一つの手です。

 

公式HPは英語での記載なので、フリーソフトを扱う「窓の杜」からダウンロードすれば良いでしょう。

 

ちなみに、OpenOfficceをダウンロードする際は、必要なソフトだけを選ぶことができますよ。

 

 

▼私は「Wirte」と「Calc」のみダウンロードしてます▼

 

 

 

 

形式を変換して開く!

「ods」形式から「xlsx」形式などに変換してから、Excelで開くという方法もあります。

 

変換方法はこのあと解説しています。

 

スポンサーリンク

 

 

odsファイルをExcel(xlsx)に変換するには?

では最後に、odsファイルをExcelファイル(xlsx)に変換する方法についてです。

 

結論から述べると、残念ながら「変換フリーソフト」は存在しておりません。

 

※当サイトでかなり調査しましたが、もし『こんなのあったよ』というものがありましたら、【info@it-purasu.info】までご連絡頂けますと嬉しいです

 

 

そのため、原則は「変換できるオンラインサイト」を使うしかありません。

 

オンライン変換はとても便利な反面、一度ファイルをweb上にアップロードすることになるため、利用前には個人情報・機密情報が含まれていなかなど、ファイルの中身には十分注意した方が良いでしょう。

 

さて、「オンライン変換サイト」はいくつかありますが、私がいつも使っているのは「ACONVERT.COM」。

 

 

 

 

ファイルを選んで「今すぐ変換」ボタンをクリックすれば、数秒でxlsxファイルが作られるため、あとはそれを保存するだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

さいごに!

拡張子odsのファイルについて、中身や開き方、形式の変換方法について解説しました。

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

  • 「.ods」は、OpenOfficeの「Calc」で保存されたファイルに付けられる拡張子である
  • Calcは、Excelのもっとも基本的な保存形式である「xlsx形式(ブック形式)」に対応していないため、多くの人が.ods形式で保存している
  • Excel2010以降であれば、odsファイルは普通に開くことができる
  • Excel2007以前の場合は、SP2を適応すれば開くことができる
  • OpenOfficeは無料なので、Calcをダウンロードするのもあり(必要なソフトだけDLできる)
  • オンライン変換で、ods⇒xlsxへと変換することが可能

 

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど