エクセルで「四捨五入しない」ための3つの設定方法【画像で解説】

エクセルで「四捨五入しない」ための3つの設定方法【画像で解説】

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelにおいて、計算結果や代入した数字が、勝手に四捨五入されて困ることがあります。

 

このページでは、そんな「ありがた迷惑」な四捨五入をさせず、小数点まで表示させる方法を3通り解説します。

 

なお大前提として、四捨五入されてしまうのはエクセルの仕様であり、「小数点以下の表示桁数」を変更することで対処できます

 

それ以外にも「切捨て」関数を使うことで、完全に切り捨てる方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

@:ホームタブ内から設定する方法!

一つ目の方法は、[ホーム] タブ内にある「小数点以下の表示桁数を増やす」を使う方法。

 

 

 

 

冒頭でも説明のとおり、四捨五入はエクセルの仕様なので仕方ないのですが、表示させる桁数を増やせば、四捨五入されないようにある程度調整出来ます。

 

以下のgif動画で表示させているとおり、「見えていない桁の数値」は必ず四捨五入されてしまうのですが、「正確に表示したい必要な桁」までを表示させれば、より正確に表記できます。

 

 

 

 

なお、一度に多くのセルを選択していれば、一気に変更できます。

 

 

▼一度に複数セルの変更も可能▼

 

 

繰り返しになりますが、見えていない桁は必ず四捨五入されてしまうため、「四捨五入させたくないが表示もさせたくない」という場合は、「切捨て処理」が必要となります。

 

切捨て処理については、後ほど「B:「ROUNDDOWN」関数で切り捨てる方法!」で解説します。

 

スポンサーリンク

 

 

A:「セルの書式設定」から設定する方法!

こちらの方法でも、表示桁数を調節出来ます。

 

※完全な四捨五入無視ではなく、表示桁数を増やして四捨五入を避ける方法

 

設定は以下の2ステップです。

 

  1. 「四捨五入させたくないセル(一度に複数セルOK)」を右クリックし、「セルの書式設定」へ。
  2. [数値] タブを選択して、あとは小数点以下の桁数を変更すればOK。

 

 

 

この方法でも、見えていない桁は必ず四捨五入されてしまうため、「四捨五入させたくないが表示もさせたくない」という場合は、このあと説明する「切捨て処理」が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

 

B:四捨五入を完全に排除する「切捨て」も使おう!

上の2つの方法で「表示桁数」を増やせば、四捨五入はある程度調整できます。

 

しかし、見えていない桁は必ず四捨五入されてしまうため、「四捨五入させたくないが表示もさせたくない」という場合は、その桁を切り捨てる必要があります。

 

そこで使うのが「ROUNDDOWN」関数です。

 

 

 

 

これを使うことで、表示桁数以下は切り捨てる(0にする)ことが出来ます。

 

 

 

 

例として、30.666という数字を「小数点以下1桁」で計算すると、以下の通りとなります。

 

 

 

 

勘違いしそうなので補足しておくと、切り捨てられた桁に関しては、すべて「0」として処理されます

 

そしてこの0も、「小数点以下の表示桁数」を減らすことで消すことが可能です。

 

ただし、表示桁数を減らしたとしても、値が0に置き換わっているため、不本意に四捨五入されることがなくなります。

 

以下で「少数第一位」に注目して頂けると、違いが分かると思います。

 

 

 

 

 

小数点以下を残さない場合!

上の例では、小数点以下の桁数を「1」として設定しています。

 

その設定の状態で「小数点以下の表示桁数」を0にした場合、以下のとおり四捨五入されてしまいます。

 

 

 

 

つまり、小数点以下を残さない場合は、引数に「0」を入れなければなりません。

 

すると以下の通り、小数点第一位も0という数字になり(切り捨てられた結果)、結果的に小数点以下を省いても、整数の四捨五入はされません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

Excelの四捨五入をしない設定を3種類説明しました。

 

さいごに簡単にまとめておきます。

 

  • エクセルの仕様で、「見えていない桁」は四捨五入されてしまう。
  • 小数点以下の表示桁数を増やすことで、ある程度「四捨五入」されないように調節は可能である。
  • それでも「0」という数字以外は四捨五入で丸められてしまうため、ROUNDDOWN関数で切り捨てると良い。
  • ROUNDDOWN関数では、引数に表示させたい小数点以下の桁数をいれる。
  • その結果、それ以下の桁数はすべて「0」という数字に置き換わるため、表示桁数を減らしたとしても、結果的に四捨五入されなくなる。

 

 

当サイトでは、他にもExcelに関する役立つ情報をまとめていますので、ぜひ便利な知識を身に付けて頂ければと思います!

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど