【エクセル】矢印をまっすぐ美しく描く3つの方法 <画像で解説>

【エクセル】矢印をまっすぐ美しく描く3つの方法 <画像で解説>

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

エクセルで矢印を挿入した際に、『まっすぐ引けない』とお悩みの方も多いでしょう。

 

しかし超カンタンな方法で真っ直ぐ引く方法がありますので、ご紹介します。

 

またそれぞれ微妙に動作が異なるため、ぜひ全ての方法に目を通してみてください!

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

【大前提】矢印の挿入方法は2ステップ!

念のため、「矢印の挿入方法」を説明しておきます。

 

不要な方は「@[Shift] キーでまっすぐ引く方法!」へジャンプして下さい。

 

 

さて、線の挿入は以下の2ステップでOKです。

 

 

[挿入] タブ内の[図形]から選ぶ

[挿入] タブ内にある[図形] ボタンをクリックすると、以下のとおり色々な線を選べます。

 

「矢印」の他にも「直線」などがありますので、好きなものを選びましょう。

 

 

 

 

 

左クリックを押しながら引く

あとは左クリックをしながら引きたいところまでひっぱり、指を離せばOK。

 

※ここでは「直線」を例にしています

 

 

 

 

 

2本目以降はコピペしよう!

同じ線(矢印)を2本以上入れる場合は、1本目をコピペして増やしましょう。
(毎度「挿入」は面倒なため)

 

一本目をクリックし、[Ctrl] + [C] でコピー。
あとは [Ctrl] + [V] で必要な分だけ増殖(貼り付け)しましょう。

 

 

 

 

真横・真下にコピペする場合は?

余談ですが、上記の方法でも簡単にコピーできますが、斜め下にコピーされていくのが分かると思います。

 

もしも、オブジェクトの真横や真下にコピーしたい場合は、Ctrl と Shift を押した状態でオブジェクトを左クリックし、そのまま上下左右にカーソルを動かします。

 

コピーしたい場所が決まったら、左クリックを離せばOKです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

@ [Shift] キーでまっすぐ引く方法!

さて本題です。

 

矢印をまっすぐに引く一つ目の方法は、[Shift] キーを押しながら引く手法。

 

この方法では、

 

  • 「新しく書く矢印」は45℃刻みに
  • 「既存の矢印」は、そのまままっすぐに

 

引くことが出来ます。

 

 

 

「新しく書く線」は45度刻みに!

新しく矢印を挿入する場合は、Shiftを押したまま引くと45度刻みにまっすぐ引けます

 

以下のとおり、カクカクと45度ずつ方向を決められるため、平行・垂直にきれいにまっすぐ引くことが可能。

 

▼新しく書く場合▼

※ここでは「直線」を例に挙げてますが、矢印も同様です

 

 

 

 

「既存の線」は、そのまままっすぐに!

すでに描かれている線の場合、Shiftを押していると(角度を変えずに)その線をそのまま伸縮することが出来ます。

 

▼既存の線を伸縮させる場合▼

※ここでは「直線」を例に挙げてますが、矢印も同様です

 

スポンサーリンク

 

 

A [Alt] キーでまっすぐ引く方法!

まっすぐに引く2つ目の方法は、[Alt] キーを押したまま線を引く手法。

 

@[Shift] キーでまっすぐ引く方法!」と似ていますが、Altキーを押したままの場合、「セルの角」を終点としたキレイな線を引くことが出来ます

 

この場合も、

 

  • 「新しく書く線」
  • 「既存の線」

 

で若干動きがことなります。

 

 

 

「新しく書く線」は“セルの角”が始点・終点となる

新しい線を挿入する場合、Altキーを押していると、始点が「セルの角」に置かれます

 

さらに終点も「セルの角」へと吸い寄せられます

 

つまり「セルの線」に重なるように平行・垂直に引くことが可能。

 

※ここでは「直線」を例に挙げてますが、矢印も同様です

 

 

 

 

「既存の線」は、“セルの角”が終点となる

Altキーを使って「すでに引かれている線」を触る場合は、終点のみ「セルの角」へと行き着きます

 

※ここでは「直線」を例に挙げてますが、矢印も同様です

 

 

なお既存の線であっても、上記のとおり始点・終点をそれぞれ動かせば、双方を「セルの角」へとキレイに描くこともできます。

 

スポンサーリンク

 

 

B [サイズ] から平行・垂直に引く方法!

オブジェクト(線や矢印など)をクリックすると、「書式」タブが開かれますが、その中の「サイズ」を使います。

 

▼[書式] タブ内にある▼

 

 

これは「平行の状態」から縦に伸ばしたときのサイズを表しているのですが、簡単に言うとこの値を「0」にすれば、オブジェクトは平行になります

 

 

※ここでは「直線」を例に挙げてますが、矢印も同様です

 

 

なお「垂直」にしたい場合は、「サイズ」の右下のマークをクリックし、【回転】を90度もしくは270度にすればOK

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

Excelにおいて「矢印をまっすぐ美しく引く」3つの方法を解説しました。

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

  • 矢印は [挿入] タブ内の「図形」から選択できる
  • まっすぐ引く1つ目の方法は、[Shift] を押しながら引く手法であり、「新しく書く場合」と「既存の矢印を伸縮する場合」に使える
  • まっすぐ引く2つ目の方法は、[Alt] を押しながら引く手法であり、「セルの角」へ向かって線が引ける(セルの線に対して平行・垂直にも引ける)
  • まっすぐ引く3つ目の方法は、[サイズ] プロパティにおいて高さを「0」に設定する手法であり、これにより「傾いたオブジェクト」を平行にできる

 

 

当サイトでは、他にもExcelに関する役立つ情報をまとめていますので、ぜひ便利な知識を身に付けて頂ければと思います!

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど