【Excel超便利技】取り消し線をショートカットで入れる裏技!

【Excel超便利技】取り消し線をショートカットで入れる裏技!

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelの超便利なショートカットとして、セル内の文字に取り消し線を入れる方法があります。

 

このページでは、
【Windows】【Mac】それぞれの場合でまとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

ショートカットに関するページ!

 

スポンサーリンク

 

 

Windowsの場合!

Windowsであれば、

 

[Ctrl]+ [5]

 

 

 

で出来ます!

 

 

@取り消し線を入れたいセルを選択して…
A[Ctrl] + [5] を押すだけ!

 

 

 

もちろん、「取り消し線」を消す場合は、もう一度「Ctrl + 5」を押せばOKです!!

スポンサーリンク

 

 

Macの場合!

MacBookなどであれば、

 

[Command] + [shift] + [X]

 

 

 

で出来ます!

 

 

@取り消し線を入れたいセルを選択して…
A[Command] + [shift] + [X] を押すだけ!

 

 

もちろん「取り消し線」を消す場合は、もう一度「Ctrl + 5」を押せばOKです!!

 

スポンサーリンク

 

 

他の便利なショートカット

テキストへの装飾として、ほかに便利なショートカットと言えば…

 

  • 文字を太くする

    ⇒[Ctrl] + [B]

  • 文字を斜体にする

    ⇒[Ctrl] + [I]

  • 文字に下線を入れる

    ⇒[Ctral] + [U]

 

※Macの場合は、いずれも[Ctrl]の代わりに[Command]でOK

 

以上、参考になれば幸いです!

 

 

ショートカットに関するページ!

 

 

スポンサーリンク


 

 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど