Excelで非表示後に再表示できない場合の3つの解決策!【画像で解説】

Excelで「非表示」後に再表示できない場合の3つの解決策!【画像で解説】

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelの「非表示」には、

 

  • 行や列の非表示
  • シートの非表示

 

という2種類の非表示があります。

 

このページでは、それぞれの非表示において再表示されなくなった場合の解決策をまとめました。

 

いずれも画像で説明しましたので、とても簡単に解決できますよ!

スポンサーリンク

 

 

 

 

「行や列の非表示」が再表示できない時の解決策!

「行もしくは列の非表示」をした場合に、再表示できないケースとしては、そのほとんどが先頭行・先頭列の再表示かと思います。

 

たとえば以下画像のとおり「9・10行」を非表示とした場合は、その前後である8〜11行目を選択し、右クリックから「再表示」を選択すれば簡単に再表示できます。

 

 

 

しかし厄介なのが、1行目や1列目など「“非表示にしている前後” の行や列を選択できない」場合です。

 

たとえば以下では1〜5行目を非表示としているため、6は選択できても、先頭行は選択できません。

 

 

 

 

名前ボックスを使って表示させる

そんな時は、「名前ボックス」を駆使して表示させます。

 

まずは@の名前ボックスに、表示させたい行や列を入力
ここでは1〜5行目なので、「1:5」と入力しています。

※A〜C列であれば「A:C」でOK

 

 

 

エンターを押すと、以下のように隠れた行がすべて選択されます。(緑の太線のようになっている)

 

 

 

この状態から、

 

[書式] ⇒ [非表示/再表示] ⇒ [行の再表示] or [列の再表示]

 

と進めば、再表示する事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「シートの非表示」が再表示できない時の2つの解決策!

シートの非表示・再表示するには、通常は

 

シートタブを右クリック ⇒ [再表示] / [非表示]

 

の切り替えでOKです。

 

 

 

ですが、この [再表示] が表示されない場合があります。

 

 

 

考えられるケース@「ブックの保護」

[再表示] が表示されないケースとして考えられる原因の一つが、「ブック保護になっている」こと。

 

 

 

上記の画像のように、[校閲] タブ内の [ブックの保護] が緑塗りになっている場合、この保護を外さなければシートの再表示は出来ません

 

[ブックの保護] の解除には、保護した時に入力したパスワードが必要です。

 

もしもこのファイルが誰かから送られてきた物だったり、社内で共有しているものであれば、保護を掛けた人にパスワードを聞くしか方法はありません。

 

 

 

考えられるケースA「Visble」プロパティがHiddenになっている

通常は@の方法によって、再表示できるようになるハズです。

 

しかしこれでも [再表示] を選択できない場合は、シートのプロパティがxlSheetVeryHiddenとなっている可能性があります。

 

確認方法は簡単でして、まずは[Alt] + [F11] を同時に押し、VBAを開けます。

 

VBAを開くと以下のような画面になりますので、

 

  1. 上で「再表示させたいシート」を選択する
  2. 下の「Visible」オブジェクトを選択して、xlSheetVeryHidden以外を選択する

 

という2ステップで完了です。

 

 

 

 

  • xlSheetVisible

    ⇒シートは選択できる状態

  • xlSheetHidden

    ⇒シートは隠れているが、右クリックから再表示できる状態

  • xlSheetVeryHidden

    ⇒シートは隠れており、再表示もできない常態

 

 

 

ブック保護されていても表示できる?

再表示できない原因の一つとして、「ブック保護されている場合」と説明しました。

 

さらに「パスワードがなければ再表示できない」と説明しましたが、パスワードが掛かった状態でVBAから「xlSheetVisible」を選ぼうとしても、それは出来ないのでご注意下さい!

 

以下の様にエラーダイアログが表示されます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

Excelで [非表示] が再表示されない場合の解決策について解説しました。

 

最後に簡単にまとめます。

 

  • Excelには「行・列の非表示」「シートの非表示」という2種類の非表示がある。
  • 「行列の再表示」が出来ない場合、「名前ボックス」に対象行列を入力した上で、書式から [再表示] を選択すると良い。
  • 「シートの再表示」が出来ない場合、多くの場合は「ブックの保護」が掛かっているため、パスワードが必要となる。
  • 「ブックの保護」を解除しても再表示できない場合は、VBAを開き、Visibleが「xlSheetVeryHidden」となっていないことを確認する。

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど