【Excel】印刷範囲の4つの設定方法と、解除方法を解説!注意点も…

【Excel】印刷範囲の4つの設定方法と、解除方法を解説!注意点もある…!!

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelで「印刷」する時には、「印刷範囲」の設定が可能です。

 

しかし上手く設定しなければ「文字切れ」を起こすことも…

 

このページでは、

 

  • 印刷範囲の設定・解除方法
  • 文字が切れないようにする方法

 

を分かりやすくまとめてみました。

 

ぜひ最後までお読み頂き、役立てて頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

「現在の印刷範囲」を確かめる2つの方法

まずは「いま現在、印刷するとどのように印刷されるのか」を確認する方法を2つ解説します。

 

 

@印刷に関する作業を行う

少し「印刷に関わる作業」をするだけで、薄い点線で「印刷範囲」が表示されます。

 

たとえば [ファイル] ⇒ [印刷] を押したあとに、元のページに戻ってみてください。

 

 

 

 

 

 

このように、薄い点線によって「いま現在の印刷範囲」が分かるようになっています。

 

ちなみにこの薄い点線は、ファイルを閉じると消えます。(いま現在の印刷範囲が変わったわけではありません(非表示に戻るだけ)

 

 

 

 

A「改ページプレビュー」を使う

てっとり早いのはこの方法。

 

Excel右下に、「表示形式を選べるボタン」が3つありますが、一番右側が「改ページプレビュー」表示です。

 

 

 

この表示に切り替えてあげると、

 

  • 「いま現在の印刷範囲」
  • どのように「ページ区切り」されているのか

 

が分かります。

 

 

 

このあと説明しますが、ここで表示されている点線を動かすことで「印刷範囲の拡大・縮小」もカンタンに出来ちゃいます

 

スポンサーリンク

 

 

印刷範囲の4つの設定方法!

印刷範囲を決める際は、主に4つの方法で設定できます。

 

  1. 改ページプレビューで「印刷範囲」を設定する方法
  2. 「印刷範囲の設定」を使い設定する方法
  3. 印刷範囲を選んで印刷方法
  4. 印刷範囲を追加(複数個所)設定する方法

 

 

もしも『印刷すると文字が切れてしまうよ』という方は、この後の「印刷が切れる…を防ぐ6つのコツ!」へジャンプして下さい。

 

 

@改ページプレビューで「印刷範囲」を設定する

これがもっともシンプルな方法でしょう。

 

Excel画面右下の「改ページプレビュー」表示に切り替えると、青いラインで印刷範囲が表示されます。

 

 

 

 

 

 

この青いラインを左右上下に動かすことで、「1ページあたりの印刷範囲」を自由に変えることができます。

 

たとえば上で挙げた画像は、自動的に4分割されてしまっています。

 

これを1ページにまとめると、以下のようになります。

 

 

 

 

ただし注意点として、もともと分割されていたものを1ページまとめるということは、それだけ表示物(文字や図形など)は縮小されてしまいます。

 

たとえば上のとおり1ページにした場合、拡大/縮小率は自動で58%まで下げられています。

 

 

 

広い範囲を1ページにまとめればまとめるほど、拡大/縮小率は小さくなり、見難くなりますので注意しましょう。

 

ちなみに拡大/縮小率を100%に戻すと、青い点線が出現して、また以下の表示に戻ります。

 

 

 

 

印刷範囲を一部分にすることも可能

青い点線を動かすことで、部分的に印刷することも可能ですよ。

 

 

 

 

 

A「印刷範囲の設定」を使い設定する方法

この方法では、予め「印刷範囲の設定」により範囲を決めた上で印刷する方法。

 

  1. 印刷範囲とするセルを選ぶ
  2. [ページレイアウト] 内の「印刷範囲」⇒「印刷範囲の設定」

 

 

 

 

 

 

以上のとおり、「薄いグレーの線」が入っていればOKです。

 

 

 

 

B印刷範囲を選んで印刷

Aの方法では、予め「印刷範囲の設定」をしておきました。

 

しかし3つ目の方法は、印刷する範囲を印刷の度に決める方法です。

 

  1. 印刷したい範囲を選ぶ
  2. 「Ctrl + P」キーで印刷プレビューへ
  3. 設定内から、「選択した部分を印刷」を選ぶ
  4. 右側のプレビュー内に「選択した範囲」が表示される

 

 

▼印刷したい範囲を選択▼

 

 

▼「選択した部分を印刷」を選ぶ▼

 

 

たったこれだけで、素早く印刷範囲を決めて印刷できます。

 

 

 

 

C印刷範囲を追加して印刷

Aの方法Bの方法であれば、印刷する範囲を追加することが出来ます。

 

Aの方法で追加する場合は、新たに追加したい範囲を選択した上で、「選択範囲に追加」をクリックするだけでOK。

 

 

▼新たに範囲選択して「印刷範囲に追加」を押す▼

 

 

一方Bの方法であっても、Ctrlキーを押しながら複数セルを選択することが出来ますので、あとは印刷設定時に「選択した部分を印刷」を選択して印刷すればOK。

 

 

▼Ctrlを押したまま複数選択する▼

 

 

注意点!

 

いずれの方法であっても、選択範囲の数だけ印刷枚数が増えます。(違うページとして印刷されます)

もしも1ページにまとめたい場合、面倒ですが、選択範囲を別シートにコピーでまとめ、@の方法で1ページとして印刷して下さい。

 

 

見出しを固定できる!

 

印刷時に、ヘッダー(見出し)を固定することでどのページにも見出しを表示することが出来ます

>>Excelで見出し(ヘッダー)を固定して印刷する3通りの方法【便利な技】

 

スポンサーリンク

 

 

印刷範囲の解除方法は1クリック!

Excelの「印刷範囲の解除」はとてもシンプル。

 

以下の3ステップで解除できます。

 

  1. [ページレイアウト] タブ
  2. [印刷範囲]
  3. [印刷範囲のクリア]

 

▼「印刷範囲のクリア」を押すだけ▼

 

 

 

「改ページプレビュー」には気をつけよう!

もしも「改ページプレビュー」を使って、分割されていた範囲をまとめた場合は、手動で戻す必要があります。

 

たとえば、以下のように青い点線をズラして印刷範囲を変更した場合…

 

 

 

 

 

 

この場合は、[印刷範囲のクリア] を押しても元には戻りません。

 

もしも戻したい場合は、

 

  1. [ページレイアウト]タブ
  2. [拡大/縮小] を「100%」に戻す

 

という手順を踏んでください。

 

 

▼「拡大/縮小」を100%に戻せばOK▼

 

 

スポンサーリンク

 

 

「印刷が切れる」を防ぐ6つのコツ!

「印刷時に文字が切れる」を防ぐ方法は、以下のページへ移動しました。

 

人気の関連ページ!
>>Excelの「印刷で文字が切れる」を絶対に防げる6つの対策【画像で解説】

 

 

 

 

まとめ!

Excelでの印刷範囲の設定方法・解除方法を解説しました。

 

当サイトでは他にもExcelの役立つ情報をまとめていますので、参考にして頂けますと幸いです。

 

 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど

 

スポンサーリンク