【Excel】塗りつぶしのショートカットを3通り解説!パパッと塗る裏技

【Excel】塗りつぶしのショートカットを3通り解説!パパッと塗る裏技

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

実はExcelでの「セルの塗りつぶし」には、超便利なショートカットがあります。

 

ここでは3通りの方法で、効率よくパパッと塗りつぶしていく方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

ショートカットに関するページ!

 

スポンサーリンク

 

 

塗りつぶしのショートカット@

1つ目のショートカットを紹介します。

 

塗りつぶしたいセルを選択した状態で、

 

@[Alt] A[H] B[H]

 

 

 

の3ステップ押しです。

 

同時押しではなく、順番に押していきましょう。

 

すると以下の画像のように色の一覧が表示されるため、あとは十字キー【↑↓←→】で色を選び、エンターを押せば色が付きます。

 

 

 

 

 

「その他の色」を選択するには…

上記の色だけでは物足りない場合は、

 

@[Alt] A[H] B[H] C[M]

 

の順に押してみましょう。

 

以下の様に「色の設定」を選べますので、後は色を選んで[OK] もしくはエンターを押すだけ。

 

 

 

 

「塗りつぶしなし」にするには…

もし「塗りつぶしなし」にするには、色が付いたセルを選んだ状態で

 

@[Alt] A[H] B[H] C[N]

 

という4ステップを順に押すだけでOKです。

 

 

ショートカット@の内容は、この後に紹介するショートカットと組み合わせることで、さらに便利になります!!

 

ショートカット@の内容は、「シート保護」の状態では使えない可能性がありますのでご注意下さい。(保護により編集できる範囲が決まっている場合があります)

 

スポンサーリンク

 

 

塗りつぶしのショートカットA

2つ目の方法は、[F4]キーの「操作繰り返し」を使う方法です。

 

実は[F4]キーには、「直前の操作を行う」という役目が割り当てられており、これを使うことで淡々と塗り続けられます。

 

まず、色を選択する方法に関しては

 

  • ショートカット@の方法を使う
  • マウスで色を選ぶ

 

のどちらかでOKです。

 

あとは、繰り返し色を塗りたいセルを十字キー【↑↓←→】やマウスで選択しつつ、[F4]キーを押していきましょう。

 

ただし、[F4]キーはあくまでも「直前の操作を繰り返す」ため、ほかの操作を入れてしまうとそれが繰り返されてしまいますのでご注意下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

塗りつぶしのショートカットB

最後の方法も、基本は「ショートカットA」と同じ要領です。

 

ただし「直前操作の繰り返し」を、[F4]キーではなく、[Ctrl] + [Y] で行います。

 

個人的には、一つのキーで操作できる[F4]キーをオススメしますが、中には[Ctrl]を使った操作に慣れている方もいらっしゃると思いますので、そのような方はこのショートカットBを駆使して色塗りしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後にまとめます!!

「Excelのセルを塗りつぶす」ためのショートカットを紹介しました!

 

最後にこのページの要点をまとめます。

 

  • まずは @[Alt] A[H] B[H] の順に押すことで、色を選択する。
  • その後は、「F4」もしくは「Ctrl + Y」を使って、連続して色塗りを行える。
  • ただし「F4」もしくは「Ctrl + Y」に関しては、「直前の操作の繰り返し」なので、違う操作をした場合はそれが繰り返されてしまうため要注意。
  • 「色塗りを消す」場合は、@[Alt] A[H] B[H] C[N] の順に押せばOK。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど