<エクセル> 割合を関数で算出する超カンタンな方法【コピペでOK!】

<エクセル> 割合を関数で算出する超カンタンな方法【コピペでOK!】

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelにおいて、『割合を一瞬で表示させる方法』をお伝えします。

 

ただし最初にお伝えすべきこととして、

 

 

Excelでは、割合を算出する関数は用意されていない

 

 

です。

 

恐らく「超シンプルな式で算出できるため、関数を用意する間でもない」ということでしょう…。

 

ここでは、そんな割合の算出をコピペで出来るように、超カンタンに説明しています。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

【コピペOK】割合を算出する式!

冒頭で述べたとおり、エクセルでは「割合を出す関数」は用意されていません。

 

しかし、以下の式を当てはめれば簡単に算出することが出来ます。

 

 

以下の式をコピー!

=A/B*100

 

  • Aには「比べられる量」を代入
  • Bには「全体量」を代入

 

 

たとえば、以下ではX町の「男の割合」「女の割合」を出していますが、式は極めてシンプルですね。

 

 

 

 

男女それぞれの数を「全体量(928人)」で割りつつ、全体量を「%」で表示するために100を掛けています。

 

スポンサーリンク

 

 

【重要】表現の変更について!

 

 

上で挙げた表に対して、

 

  • 小数点以下が多い!
  • セル内で「%表記」したい!

 

なんて方もいらっしゃると思いますので、一つずつ表現を変えていきましょう。

 

 

 

小数点以下の桁数を減らす!

割合を表示する際に、小数点以下まで細々表示されていると見にくいですよね。

 

その場合は、[ホーム] タブ内の「小数点以下の表示桁数を減らす」をクリックして、好みの表示へと変更しましょう。

 

 

▼「女の割合」の小数点桁数を変更▼

 

スポンサーリンク

 

 

セル内で「%表記」したい!

上記の例では、見出し部分に「%」を付けていますが、もしも以下の様にセル内で「%表示」させたい場合は、式を若干変更します。

 

 

 

 

以下の式をコピー!

=A/B

 

  • Aには「比べられる量」を代入
  • Bには「全体量」を代入

 

 

先ほどの式との違いは「*100」の有無だけ

 

計算式の結果は「0.xxxxx」という小数点の付いたものになります。

 

ここで[ホーム] タブ内に「パーセントスタイル」がありますので、それをクリックしてみましょう。

 

 

▼自動的に「×100」されて表示される▼

 

 

上の例を見ると分かるとおり、%表示する際に自動的に「×100」されるため、代入する式には「*100」は不要なのです。

 

 

 

 

まとめ!

Excelにて「割合を関数で算出する方法」について解説しました。

 

最後にまとめます。

 

  • Excelとしては、割合を計算する関数は用意していない
  • ただし「=比べられる量/全体量*100」というシンプルな式で、簡単に割合を算出できる
  • 小数点以下の桁数を増減させる場合は、ホームタブ内の「小数点以下の表示桁数を減らす」をクリックすればOK
  • もしも「セル内で%表示させたい」場合は、「=比べられる量/全体量」の式を入れた上で、[ホーム] タブ内の「パーセントスタイル」をクリックすればOK

 

 

当サイトでは、他にもExcelに関する役立つ情報をまとめていますので、ぜひ便利な知識を身に付けて頂ければと思います!

 

スポンサーリンク


 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど