Excel「データを貼り付けできません。」の原因5つと解決策【最新版】

Excel「データを貼り付けできません。」の原因5つと解決策【最新版】

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

Excelでは、画像などの「オブジェクト」を貼り付けようとした時に

 

 

「データを貼り付けできません。」

 

 

とエラーが出ることがあります。

 

このページでは、そんなエラーの「5つの原因」と「解決策」を、画像付きで分かりやすくまとめました。

 

ぜひ解決に役立てて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

原因@:シートの保護

Excelには、大切なデータを誤って編集してしまわないように、「シートの保護」という機能が備わっています。

 

この「シートの保護」が掛かっているシートでは、通常「オブジェクトの挿入」や「貼り付け」などは出来ません。

 

シートに保護が掛かっているか否かは、[校閲] タブ内の [シート保護の解除] の有無で分かります。

 

 

▼この状態は「保護中」をあらわす▼

 

 

保護が掛かっていなければ、ここは [シートの保護] という文言になっています。

 

「シート保護の解除」をクリックすれば保護は解除されますが、保護時にパスワードを設定している場合は、解除時に入力が必要

 

なお [シートの保護] をする際に、「オブジェクトの編集」にチェックを入れておけば、データの貼り付けが可能になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

原因A:複数シートの選択

気づかぬうちに、複数のシートを選択していませんか?

 

複数シート選択時も、オブジェクトの挿入や貼り付けの制限対象。

 

複数選択していると、以下の様にタブが白っぽく表示されます。

 

 

 

このように2つ以上「白いタブ」になっている場合は、「Ctrl」キーを押しながら白いタブをクリックしていくことで、簡単に解除できます。

 

 

 

 

原因B:ブックの共有状態

Excelには、一つのファイルを同時に複数人で編集するための「共有※」という概念があります。

 

※「ブックの共有」と同じ意味です(以下「共有」で統一)

 

共有時には一部の機能が制限されてしまうのですが、図の「挿入・貼り付け」なども制限されています。

 

共有になっている場合は、ファイル名の後ろに [共有] の文字が付いています。

 

 

 

共有を解除する際は、

 

  1. [校閲] タブ
  2. [ブックの共有]
  3. [編集] タブ内の「複数のユーザーによる〜」のチェックを外す

 

という3ステップでOK。

 

チェックボックスがグレーアウト(チェックを外せない)されている場合は、事前に「共有ブックの保護解除」が必要です。

 

※パスワードが掛かっている場合、パスワードが必要

 

 

共有解除の詳しい説明は、以下のページでまとめています。

 

人気の関連ページ!
>>【Excel】排他モード(共有解除)の意味・設定と、3つの注意点を解説

 

スポンサーリンク

 

 

原因C:オブジェクトの表示設定

Excelでは、オブジェクトの「表示/非表示」の設定が可能。

 

しかも、それが「Ctrl」 + 「6」でも出来てしまうため、誤って「非表示」にしてしまう方も多いです。

 

まず[挿入] タブを開き、以下のとおりグレーアウトしていることを確認して下さい。

 

 

 

続いて「Ctrl」 + 「6」を押してみて、以下のとおり色が付けば「表示」へと切り替わりました。

 

 

 

 

ちなみに、この設定は以下の手順でも確認できます。

 

 

「ファイル」 ⇒ [オプション]

 

 

 

 

[詳細設定] タブ ⇒ 「オブジェクトの表示」

 

 

スポンサーリンク

 

 

原因D:クリップボードの容量上限によるもの

Excelには、外部やエクセル内でコピーしたものを、「クリップボード」という「一時保管場所」に保管できます。

 

[ホームタブ] 内の「クリップボード」横の小さなマークをクリックすると、以下の様に表示されます。

 

 

 

ここには24個まで保管できるのですが、これがいっぱいになった時にオブジェクトを貼り付けようとすると、「データを貼り付けできません。」と出るという噂があります。

 

しかし、筆者も100個以上をコピーしてクリップボードをパンパンにしてみましたが、全く再現されません。

 

一つの推測として「24個」ではなく、「容量として見ているのでは」とも考えられているのですが、大きい画像をたくさんコピーしても再現できず。

 

ただし、もしも他の方法で解決できない場合は、もしかするとこの「クリップボードの容量問題」が原因となっている可能性があります

 

その場合は、「すべてクリア」を押して、空にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

それでも解決しない場合の切り分け・対策!

それでも解決しない場合は、以下の方法で原因を切り分け・対策してみて下さい。

 

 

@シートの移動

「オブジェクトが貼り付けられないのは、全てのシートなのか?一部のシートなのか?」を確認して下さい。

 

その上で、一部のシートだけであれば

 

  1. シートを右クリック
  2. シートの移動またはコピー
  3. 「移動先ブック名」を(新しいブック)に変更
  4. OK

 

すると「新しいBook」にそのシートだけ移動すると思いますので、そこでも貼り付けられないか確認して下さい。

 

 

 

 

A表示状況を確認する

[挿入] タブで「図」の表示を確認して下さい。

 

以下のようにグレーアウトしていれば、恐らく「エクセルの何らかの機能制限」により、バグではなく仕様として貼り付けられない状態です。

 

 

 

上で挙げた原因以外にも、Excelとして機能制限をかけるタイミングがあると思われます。

 

一方、以下の通り色が付いているにも関わらず貼り付けられない場合は…

 

 

 

この場合は、Excelのバグの可能性も考えられますので「Officeサポート」に問い合わせてください。

 

なおOfficeサポートには

 

  • Office 365 Solo
  • 一般法人向け Office 365

 

がありますが、通常は前者のコミュニティフォーラムへ質問すれば良いでしょう。

 

 

 

 

Bコピーで対応する

もし解決しないのであれば、新しいBookを用意し、既存のセル内容をコピーして暫定対応しましょう。(シートのコピーも一応試してみましょう)

 

新しいBookでは、通常「このページで挙げた5つの原因」は全て排除できているハズなので、新しいBookでも同じ事象が再現されるのであれば、一旦パソコンのリブート(再起動)もしてみて下さい。

 

それでも解決しないのであれば、コミュニティフォーラムでとことん解決策をさぐる以外に、残念ながら方法は無さそうです。

 

 

もしもこのページで挙げていない原因がありましたら、「info@it-purasu.info」までご連絡頂けました幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

Excelで「データを貼り付けできません。」と表示される原因と解決策を解説しました。

 

当サイトでは他にもExcelの役立つ情報をまとめていますので、参考にして頂けますと幸いです。

 

ショートカットの話

その他、便利な技

テキスト(文字)に関すること

数字の表現に関すること

印刷に関すること

グラフに関すること

疑問と解決方法

警告・エラーメッセージなど

 

スポンサーリンク