拡張子「xps」ファイルを一瞬で開くビューアと、PDF等への変換方法3つ

拡張子「xps」ファイルを一瞬で開くビューアと、PDF等への変換方法3つを解説!

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

『拡張子.xpsのファイルがあるんだけど見れないよ!』とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

 

このページでは、そんなあなたへ

 

  • .xpsファイルってそもそも何?
  • .xpsファイルのカンタンな開き方
  • PDFなどにパパッと変換する方法
  • .xpsファイルを作成する方法

 

を分かりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

 

 

 

 

.xpsファイルってそもそも何?

XPS形式で保存されたファイルには、拡張子「xps」が付きます。

 

では「XPS形式」とは何かと言うと、Microsoftが開発した「主に読み取りを可能とした電子文書ドキュメント・ファイル」のことです。

 

もう少し分かりやすく言うと、PDFのように「元文書の書式・レイアウトを維持したまま変換できる電子ファイル」

 

編集が不可能なので、改ざんを防ぎたい文書を配布する時などに便利です。

 

機能としてAdobeのPDFと似たようなものですが、直接の互換性はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

.xpsファイルを開くには?

.xpsファイルを開くには、XPSビューアーが必要。

 

ただしOSによっては標準装備されているため、ファイルをダブルクリックすればそのまま開けます。

 

 

windows10の場合

windows10の場合、OSをインストールした時点で「XPSビューアー」があわせて使える状態でした。

 

しかし2018年4月のアップデートにおいて、デフォルト(標準)機能搭載では無くなりました。

 

※もともと機能がONになっていた場合、そのまま使えます

 

2018年4月以降にOSをダウンロードした方などは、

 

  1. [設定] アプリを選択
  2. [アプリと機能] の中から [オプション機能の管理] へアクセス
  3. XPS Viewer を有効化

 

という3ステップで使えるようになります。

 

 

windows7、Vistaの場合

Windows7やVistaの場合は、XPSビューアーが標準搭載されていますので、ファイルをダブルクリックすればそのまま開くことが出来ます。

 

 

WindowsXPの場合

XPの場合は、マイクロソフトの公式HPより「Microsoft XML Paper Specification Essentials Pack」をダウンロードする必要があります。(無料です)

 

なおこのPackの中には、

 

  • XPSドキュメントを読み取るための「XPS Viewer EP」
  • ファイルをXPSドキュメント形式で出力するための「Microsoft XPSドキュメントライタ」

 

の2つが含まれています。

 

ネット上には第三者が作ったフリーソフトなどもありますが、Microsoftが正式にリリースしている上記のビューアが一番確実・安心だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

.xpsファイルをPDFファイルに変換する2つの方法!

「XPSファイルはビューアーで開けます」と言ったものの、『使いにくいから他のファイル形式に変換したい』という方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような時は、

 

  1. オンライン変換
  2. フリーソフト
  3. 仮想プリンタ

 

の3パターンで変換可能です。

 

 

オンライン変換

もっとも手軽に変換できるのが「オンライン変換」。

 

一旦ネット上にファイルをアップデートすることになるため、ファイルの中身には十分注意して利用しましょう。

 

個人情報・機密情報が含まれるファイルはアップしないように!

 

筆者がいつも使っているのが、「XPS to PDF」です。

 

 

使い方は超シンプルでして、まずは画面の真ん中に.xpsファイルをドラッグ&ドロップします。

 

すると「アップロード中」⇒「変換中」となり、最終的にはPDFがZIP圧縮されたファイルとしてダウンロードできます。

 

あとはZIPファイルを展開すれば、中のPDFファイルを取り出せます。

 

※ファイルを右クリック⇒「すべて展開」を選択すれば、ZIPファイルは簡単に解凍できます

 

 

 

フリーソフト

続いては「フリーソフト」を使った変換方法を紹介します。

 

フリーソフトとしては「xps2img」というソフトがありますが、海外製です。

 

PDF以外の画像形式にも変換出来ますが、正直使い方はややこしいです。

 

以下のサイトで分かりやすく解説されています。

 

>>xps2img - k本的に無料ソフト

 

 

個人的には、PDFにするのであればこの後説明する「仮想プリンタ」の方が楽でオススメです。

 

 

 

仮想プリンタを使う

これもフリーソフトの一つではありますが、別項目として説明します。

 

PDFへの変換であれば、仮想プリンタを使うのも一つの手。

 

仮想プリンタをインストールしておくと、文字通り「仮想のプリンタ」として動き、「印刷する」を押すとPDFとして出力してくれます。(用紙への印刷はしません)

 

※もともとビューアーなどでXPSファイルを開ける状態にあることが前提

 

筆者が実際に使っているのはCubePDF(pdf化する無料ソフト)

 

 

 

使い方は超カンタン!

使い方は極めてシンプル。

 

  1. XPSビューアーなどで、.xpsファイルを開いておく
  2. 「印刷ボタン」もしくは「Ctrl+P」を押す
  3. プリンター一覧の中から「CubePDF」を選択する
  4. PDFファイルの保存先を指定できるので、あとは「出力ボタン」を押せば完了

 

スポンサーリンク

 

.xpsファイルを作成する2つの方法!

では最後に、XPSファイルを作成する方法も紹介しておきましょう。

 

やり方は大きく

 

  1. 「Microsoft XPS Document Writer」を使う
  2. 「ファイルの種類」からXPSを選ぶ

 

の2つありますが、基本は@の方法で良いでしょう。

 

 

「Microsoft XPS Document Writer」を使う

WindowsVista以降では、XPSビューアーとともに標準搭載されている機能です。

 

OSが「XP」の場合は標準搭載されていないため、マイクロソフトの公式HPより「Microsoft XML Paper Specification Essentials Pack」を無料ダウンロードすると、ビューアとともにこのDocument Writerも付いています。

 

使い方はめちゃくちゃカンタン。

 

XPSにしたい画像やファイルを開きながら、[印刷] をクリック。

 

すると…

 

 

プリンターを選ぶところで、実は「XPS Document Writer」が選べるのです。

 

上記はExcelからXPSにする場合の画像ですが、たとえば「ペイント」からXPSにする場合も、同様に[プリンタ] から選択すればOK。

 

 

 

これでXPSとしてファイルを保存出来ます。

 

 

 

「ファイルの種類」からXPSを選ぶ

二つ目の方法もカンタンです。

 

これは文字通りですが、ExcelやWordにて「名前を付けて保存」をする際に、ファイルの種類で「.xps」を選べば良いです。

 

 

 

 

まとめ!

拡張子「.xps」ファイルの説明や開く方法、変換、作成方法について説明しました。

 

最後に簡単にまとめておきます。

 

  • XPS形式で保存されたファイルには、拡張子.xpsが付く。
  • XPS形式では、PDFファイルのように編集不可能な文章を作成できる。
  • PDFと直接の互換性は無いが、似たようなものである。
  • .xpsファイルを開くには専用ビューアを使えば良い(XPの場合はダウンロードが必要(無料))。
  • .xpsファイルを他の形式に変換するには、@オンライン変換 Aフリーソフト B仮想プリンタ の3通りの方法がある。
  • .xpsファイルを作成するには、基本的には標準搭載されている「Microsoft XPS Document Writer」を使えば良い。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク