拡張子lcxファイルとは?ラベル屋さんをPDFなどに変換する2つの方法

拡張子lcxファイルとは?ラベル屋さんをPDFなどに変換する2つの方法

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

このページでは、

 

  • 拡張子「.lcx」とは何か?
  • .lcxファイルをPDFなどに変換する方法

 

を分かりやすくまとめました。

 

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

拡張子「.lcx」とは何のファイル?

拡張子「.lcx」ファイルとは、「エーワン合同会社」の商品である「ラベル屋さん」で作られたファイルに付く拡張子です。

※エーワン合同会社は、3M(スリーエムジャパン株式会社)に吸収合併された会社です

 

「ラベル屋さん」とは、ラベルシール・カード製品を簡単にデザイン・印刷できるソフト。しかも完全無料。

 

>>ラベル屋さん

 

スポンサーリンク

 

 

.lcxファイルを開くには?

.lcxファイルは、フリーソフト「ラベル屋さん」で使われる拡張子ですので、開く場合はラベル屋さんで開く以外にありません。

 

なおラベル屋さんは、

 

  • web上(ブラウザ)で使う
  • ダウンロードして使う
  • モバイルで使う

 

などの方法がありますが、もっとも手軽なのはインストール不要の「web版」。

 

以下から簡単に作業できます。

 

>>「ラベル屋さん」新バージョンを開く

 

 

上記リンクに飛ぶと、以下の画面になりますので、「ファイルを開く」を選択して手持ちの.lcxファイルを選ぶだけでOKです。

 

▼「ファイルを開く」から簡単に開ける▼

 

スポンサーリンク

 

 

.lcxファイル(ラベル屋さん)をpdfなどに変換する2つの方法!

.lcxファイルをPDFなどに変換する場合、2通りの方法があります。

 

 

標準機能を使う方法

最新のラベル屋さんを使う場合、「PDF書き出し」という機能が元々備わっています。

※PDF以外の画像ファイルにする場合は、「A仮想プリンタを使う」を参考にして下さい

 

そのため、以下の手順で簡単にPDF化できます。

 

  1. PDF化したい.lcxファイルを開く
  2. [印刷] タブ内で [PDF書き出し] をクリックする

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

仮想プリンタを使う

もしも、

 

  • 以前のラベル屋さんで操作している
  • PDF以外でも出力したい

 

という場合は、「仮想プリンタ」がオススメ。

 

▼以前のラベル屋さんはこんなの▼

 

 

 

「仮想プリンタ」とは、インストールしておくことで文字通り「仮想のプリンタ」として動き、PDFとして出力してくれます。
(用紙への印刷はしません)

 

筆者が実際に使っているオススメのソフトが、CubePDFであり、完全無料にも関わらず非常に使い勝手が良いです。

 

 

 

 

 

使い方は超カンタン!

インストール後の使い方は極めてシンプル。

 

PDF化したいページを開き「印刷」もしくは「Ctrl+P」を押しましょう。

 

 

▼旧ラベル屋さんの場合▼

 

 

 

▼新ラベル屋さんの場合▼

 

新ラベル屋さんの場合、「印刷」を押すとPDFファイルが開かれるため、そのまま「印刷」に進みましょう。

 

 

 

プリンター名の選択にて、「CubePDF」を選択出来るようになっています。

 

あとはそれを選択すれば「pdfファイルの保存先」を指定できますので、「変換」を押せば完了です。

 

超シンプルであり、公式ページにある以下の説明画像が全てです。

 

 

 

なおPDF以外にも、出力時に「ファイルタイプ」を

 

  • JPEG
  • PNG
  • BMP
  • TIFF
  • SVG
  • EPS
  • PS

 

などに変更することも可能です。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

拡張子.lcxファイルの中身や、開き方・変換方法について解説しました。

 

最後に簡単にまとめておきます!

 

  • .lcxファイルとは、ラベルシール・カード作成ソフト「ラベル屋さん」で作成されるファイルに付く拡張子である
  • .lcxファイルを開く際は、「ラベル屋さん」を使えば良い
  • ラベル屋さんは、web版・ダウンロード版・モバイル版などがあるが、インストール不要のweb版が便利
  • PDFに変換する場合は、標準搭載されている機能を使うか、もしくは「CubePDF」などの仮想プリンタを使うと良い

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク