拡張子「jtd」のファイルをwordやビューアで開く超カンタンな方法!

拡張子「jtd」のファイルはwordで見れない?ビューアでパパッと見る方法!

こんにちは、管理人アキラです。

 

久しぶりに過去のファイルを整理していると、拡張子が「.jtd」のファイルをいくつか発掘。

 

『あぁ、一太郎時代のファイルかぁ』と少し懐かしい気持ちに。

 

ただ、昔はwordでも開けたハズが、いつの間にか「変換機能」の問題から、開けなくなってしまいました…。

 

そこでこのページでは、.jtdのファイルを開く方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

.jtdファイルをwordで見るには?

今でこそ皆さん当たり前のように「word」を使っていますが、一昔前は「一太郎」というワープロソフトがメジャーでした。

 

ただwindowsには使い勝手の良い「word」が(基本的に)デフォルトで組み込まれてきた背景から、いつの間にかシェアをwordに奪われることに。

 

さて、そんな「一太郎」で作成したファイルは「.jtd」という名のファイルで保存されるのですが、このファイルはword2007までは普通に開くことが出来ました。

 

word2007までは「一太郎コンバータ」という変換機能が付随していました。

 

しかしword2010以降にはコンバータ機能がありません…

 

 

コンバータ機能を抜き出せばwordでも見れるかも

word2007までに付属していた「一太郎コンバータ機能」ですが、これをword2010以降に無理やり導入することも出来るようです。

 

ただしライセンス違反については不明確とのことなので、十分にご注意下さい。

 

以下のサイトで分かりやすく説明されています。

 

>>word2010に一太郎コンバーターを導入する

 

 

このように「wordでは簡単に見ることは出来ない」という状況なので、中身を見る場合には基本的には無料の「一太郎ビューア」を使う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

一太郎ビューアで簡単に中身が見れるぞ!

『えぇ〜どうやって中身見たら良いんだろう…』と悩んでいる際に、販売元の「ジャストシステム社」のHPを確認してみました。

 

すると便利なものがあるじゃないですか!

 

なんと、無料で「一太郎ビューア」を配信しているではないですか!

 

>>ジャストシステム:一太郎ビューア

 

 

 

インストール型なのが個人的には不満ですが、一太郎を入れて無くても確認出来るのは、とても便利。

 

 

 

.jtd以外も見れるぞ!

さらに一太郎ビューアは「.jtdファイル」だけでなく、以下のような形式にも対応しています。

 

 

一太郎ビューアで見れるファイル
  • 一太郎Ver.2以上のファイル
  • 一太郎11以上の圧縮ファイル(jtdc,jttc)
  • 一太郎2004以上の電子署名セキュリティ文書(jtsd)
  • Microsoft Word 2016〜Ver5(doc/docx)
  • リッチテキスト形式(rtf)
  • テキスト形式(txt)
  • XMLテンプレートクリエーターのファイル(jtdx)
  • OpenDocument(odt)

 

 

 

使い方はいたってシンプル!

説明する間でもありませんが、簡単に。

 

  1. 一太郎ビューアをインストール
  2. デスクトップに作られたショートカットアイコンをダブルクリック
  3. 開きたいファイルを選ぶよう、選択を促される
  4. .jtdファイルや、その他上記の形式のファイルを選択すれば、中身を見ることができる

 

 

 

あくまでもビューアである!

注意点としては、「一太郎ビューア」は文字通りビューア(表示・閲覧専用ソフト)なので、編集などは出来ません

 

ただし、印刷機能はついています。

 

スポンサーリンク

 

 

jtdファイルを編集したい…!

「大昔のファイルを今更わざわざ編集したい」という方も少ないとは思いますが、一応編集方法を説明しておきます。

 

簡単に言うと、以下の流れで編集出来るようになります。

 

  1. 一太郎ビューアをインストールする
  2. CubePDF(pdf化する無料ソフト)をインストールする
  3. 一太郎ビューアでjtdファイルを開き、「印刷」⇒「プリンタ名:CubePDF」を選択⇒OK
  4. CubePDFを選択すると、PDFとして出力される(紙への印刷にはならないのでご安心を)
  5. CでPDF化されたファイルを、PDFelement 6 Proなどの無料ソフトでWordに変換する

 

 

このように、jtd⇒pdf⇒wordに変換できれば、あとはいつも通り編集が可能になります。

 

なお、中にはオンライン(web上)でPDF⇒wordに出来るサイトもありますが、ネット上に無闇やたらとファイルをアップするのも危険です。

 

出来れば、上で紹介しているような「パソコンに無料インストールできるソフト」がオススメです。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク