拡張子「heic」ファイルとは?JPG等への3つの変換方法とwindowsでの開き方

拡張子「heic」ファイルとは?jpgなどへの3つの変換方法と、windowsでの2つの開き方

こんにちは。
ITオタクのアキラです。

 

iOS11(iphoneX)以降、初期設定のままだとカメラで撮った写真が「HEIC形式」で保存されるようになってしまいました。

 

これにより、『windowなどで写真が見れない』という方が続出・・・

 

でも安心してください。

 

ここでは、

 

  • windowsでも見れる方法
  • JPG(JPEG)やPNGなどに変換する方法

 

をそれぞれ分かりやすく説明します!

スポンサーリンク

 

 

 

 

拡張子「.HEIC」とは何なの?

.HEICは、冒頭でも説明したとおり、「iOS11以降のiphone」で撮った場合に写真に付けられる拡張子です。

 

「High Efficiency Image File Format」の略称であるHEIF(ヒーフ)形式で保存されることで、ファイル名の後ろには「.HEIC」の拡張子が付きます。

 

なので「HEIC」と「HEIF」は同じものと考えておけば良いでしょう。

 

 

これまでのJPGと何が違うのか?

簡単に言うと、JPGと比べて約半分のファイルサイズに軽量化が可能。

 

解像度が同じにも関わらず、小さなサイズで保存できる「高効率のイメージファイル」です。

 

ファイルサイズを小さくすれば、それだけ画質が落ちるのが一般常識なので、この進化は素直にスゴイ。

 

 

ちなみにビデオは「HEVC」形式に変わっている!

ついでなので説明しておきますと、実はビデオの保存形式も微妙に変わっています。

 

ビデオの拡張子は「.MOV」のままなのですが、形式は

 

H.264 ⇒ HEVC(H.265)

 

へと進化を遂げています。

 

前述のとおり拡張子は「.MOV」のままなので特に気づかないと思いますが、ちゃっかり「高効率ビデオコーデック」へと進化を遂げているのです。

 

これもビデオをよく保存するiphoneユーザにとっては、実に大きなメリット。

 

単純に、これまでの2倍のビデオを保存できるわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

.HEICファイルをwindowsで開く2つの方法!

ここまでの説明で、「実は.HEICファイルは素晴らしい形式である」ということはお分かり頂けたかと思います。

 

しかし、「windowsでは見れない!」などの声があるのも事実であり、JPGなどへ変換したいという方も多いのです。

 

 

2つの方法で開ける!

ですが、実はwindowsでも普通に開くことが出来ます。

 

  1. 「HEIF and HEVC Media Extensions」を使う
  2. 「CopyTrans HEIC for Windows」を使う

 

 

HEIF and HEVC Media Extensionsを使う

こちらはMicrosoftが提供する「コーデック」です。

 

※コーデックとは、簡単に言うと「その形式に対応させるための機能」

 

HEIF and HEVC Media Extensions」に飛べばインストールが可能。

 

なお、インストール時にはPC環境によっては「120円」が掛かる場合があります。

 

※windows10では無料でしたが、windows7環境ですと以下のように120円と表示されました(そもそもwin10にしか対応していません)

 

 

色々調べましたが、「120円掛かる条件」は謎です。(10なら全員無償かもしれないです)

『120円は高い!』と思いの方は、このあと紹介する「CopyTrans HEIC for Windows」をお使い下さい。

 

 

さて、コーデックのインストールが済みましたら、いつもどおり.HEICファイルを開いてみてください。

 

正しくインストールされていれば、もともと搭載されている「Windowsフォトビューア」で普通に開けるようになっています。

 

※特にほかにプログラムを起動させたりする必要はありません

 

 

 

CopyTrans HEIC for Windowsを使う

こちらは「CopyTrans社」が開発してくれた、無償でダウンロードできる「WindowsでHEICを閲覧するためのサポートツール」です。

 

こちらもインストールすることで、もともと搭載されている「Windowsフォトビューア」で見ることが可能に。

 

ダウンロードは「CopyTrans HEIC for Windows」から簡単に出来ます。

 

 

 

ウィザードに従ってインストールすれば、あとはいつも通りファイルをダブルクリックすれば写真を見ることが出来ます。

 

※特にほかにプログラムを起動させたりする必要はありません

 

「CopyTrans HEIC for Windows」はWindows7、8、10に対応しているため、7や8で見たい場合はこちらをインストールしましょう

 

スポンサーリンク

 

 

JPG/JPEG/PNGなどへ変換する3つの方法!

Windowsで開けることはお分かり頂けたかと思いますが、それでも『違うファイル形式へ変換したい!』という方もいらっしゃると思います。

 

ファイルサイズが大きくなってしまうのであまりオススメしませんが、JPGなどの画像形式へ変換するには、以下の方法があります。

 

  1. サポートツールで変換する(オフライン)
  2. フリーソフトで変換する(オフライン)
  3. オンライン変換を使う

 

 

 

サポートツールで変換する(オフライン)

変換する一つ目の方法としては、「.HEICファイルをwindowsで開く2つの方法!」でも紹介した

 

 

を使って変換する方法。

 

特に後者の「CopyTrans HEIC for Windows」では、右クリックから一瞬でJPEGへの変換が可能

 

 

 

一方のHEIF and HEVC Media Extensionsにおいても、「コピーを保存」を使うことで、JPG形式で保存が可能です。

 

いずれもオフラインなので、プライバシーに関わるような画像であっても安心して変換できます。

 

 

 

フリーソフトで変換する(オフライン)

二つ目の方法は、フリーソフトによって変換する方法。

 

@サポートツール」があれば正直不要ですが、フリーソフトであればPNG形式(同じく画像フォーマット)にも変換可能です。

 

Windows7以降に対応している「iMazing HEIC Converter」は、.HEICファイルをドラッグ&ドロップして [Convert] ボタンを押すだけの超シンプルな仕様。

 

誰でもサクッと変換できてしまうため、「@サポートツールを入れたくないけど、オフラインで変換したい」という方にはかなり重宝するでしょう。

 

 

 

オンライン変換を使う

最後は「オンラインの変換サイト」を使って変換する方法です。

 

デメリットとしては、「一旦ファイルをインターネット上にアップしなければならない」という点がありますが、ソフトのダウンロードも不要なため、もっとも素早く変換できます。

 

HEIC⇒JPG

>>Apowersoft HEIC JPG 変換フリーソフト

 

HEIC⇒PNG

>>HEIC to PNG

 

スポンサーリンク

 

 

iPhoneの写真の保存形式をJPGに設定するには?

以上のとおり、便利さと不便さをあわせもったHEICファイルですが、中には『JPGで保存したい』という方もいらっしゃると思います。

 

その場合の設定は超簡単です。

 

  1. 「設定」
  2. 「カメラ」を選択
  3. 「フォーマット」を選択
  4. 「高効率」にチェックが入っているハズなので、「互換性優先」へとチェックを切り替える

 

以上のたった4ステップで完了です。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

HEICファイルの説明や開き方、変換方法について説明しました。

 

最後に簡単にまとめます。

 

  • .HEICは「HEIF形式」で保存されたファイルに付く拡張子である。
  • iOS11以降の端末(iphoneX以降)で保管すると、HEIF形式になる。
  • .HEICは、JPGと比べて画質はそのままで容量は約半分になる。
  • Windowsで開くには、Windowsフォトビューアにコーデック(サポートツール)を追加してあげるだけで良い。
  • 他の形式に変換するには、@サポートツール Aフリーソフト Bオンライン変換 の3パターンある。
  • iPhoneにおいて保存形式をJPGに変えるには、@設定 Aカメラ Bフォーマット C互換性優先をチェック の4ステップで可能。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク